DEBUGGING

コアゲームの楽しさを追求するクリエイティブデバッグ

KINSHAのデバッグサービスは、ただバグを発見するだけのものではありません。
ゲームをより面白くプレイするにはどうすべきか。
ゲームの楽しさを知り尽くしたスペシャリスト集団がテストプレイすることによって得られる、
ハマる仕組みを高めるデバッグをお届けします。

DEBUGの強み

選ばれる4つの理由

客観的根拠を持つデバッグを提供

KINSHAのテスターにはITパスポートやJSTQB取得者など、デジタルコンテンツのテストを体系的に学んだ技術者が多数在籍しております。これにより複雑で難易度の高いデバッグも計画的に遂行し、客観的にロジックを積み重ねたデバッグを提供し、納得のいくデバッグ結果を提供しています。

豊富な経験による安定した高い品質

デバッグ事業を開始した2007年より幅広いジャンルで積み重ねた1000タイトル以上、30万件以上の不具合報告のノウハウは、独自の社内システム(DMKIN)に蓄積。耐久性、不規則行動などから起こるバグを過去事例から素早く発見します。10年以上の経験を持つリーダーがデバッグ現場の指揮をとるほか、新人にノウハウの共有を行い、テスターの水準を高めています。

ゲームに合わせた柔軟なプレイスタイル

KINSHAのデバッグ事業部は、異なる得意分野を持つチームに分かれており、経験豊富なリーダーがゲームの内容に合わせテスターをアサインしています。
そして検証項目や作業フローの最適化を優先し、お客様に納得いただける結果をお渡しできるようフレキシブルに対応いたします。まずはご要望をお聞かせください。

最適コストでのデバッグ提案

これまでの経験と技術から論理的なテスト計画を立案し、最短距離でご提案します。また工程に無駄のない最適なデバッグ手法を選定し、プロジェクトや月単位で計画的に人員の調整も行うため、最適なコストでサービスを提供いたします。

仮説と検証を繰り返す職人集団

ゲームの志向に合わせた組織体制・品質管理課の設置 KINSHAのデバッグ事業部は直接雇用したテスターが常時在籍しております。
非登録型サービスのため、頻繁なスタッフの入れ替えが発生せず、長期に渡り安定したサービスを提供できます。
突き詰めて結果と実績を残す職人たちへお任せください。

品質検証1課

ITパスポートやJSTQBなどの資格取得により体系的にデジタルコンテンツを学んだ技術者が多く在籍し、複雑なイレギュラーに対しロジカルな検証結果を求められるテストを得意としています。そのためデバッグに関する多様なニーズに対応する業務遂行力を持ち、その後の検討・開発において役立つ論拠を提供いたします。

品質検証2課

検証項目の多い大型案件や運営型案件など、比較的長期にわたるプロジェクトの安定的な対応を評価いただいています。過去の知見をもとに、対象タイトルにおいて起こりやすいエラーを素早く効率的に発見していきます。また各国のネイティブテスターが在籍し、同時にローカライズデバッグも得意としています。

東京スタジオ

東京に開発拠点のあるお客様と心理的にも物理的にも近い距離でデバッグ業務を行います。機動力の必要な小規模〜中規模を得意とするほか、案件の性質によりテスターの派遣を行う拠点として機能しております。
京都スタジオで経験を積んだ社員リーダーが配属されており、KINSHAイズムを根強く継承しています。

品質管理課

デバッグの確実性と品質を担保するため、日々、現場をサポートしています。過去のバグデータを蓄積する社内データベース「DMKIN」を管理して現場担当者からの相談に応じ、社内基準に基づきバグレポートの最終チェックや過去事例から導く傾向と対策をアドバイス。また新人テスターへの教育や適性に応じた配属を担い、デバッグサービスの向上を下支えしています。

充実した人材育成

  • ●資格取得の推奨 / サポート
    デバッグ技術の向上はもちろん、IT分野そのものを体系的に理解することでセキュリティ意識を向上させるねらいから、ITパスポートやJSTQBの取得を推奨しています。 受講者への社内教育や受講料のサポートも行っております。
  • ●キャリアパス制度
    人事考課や面談を介して業務遂行へのスキルアップを推奨し、正社員や無期雇用への転換も意欲的に行っております。テスターの雇用安定化と共にサービスの向上を目指しております。

安心のセキュリティ体制

  • ●安心のセキュリティ体制
    テスター採用時には社員・アルバイトの例外なく当社規定の秘密保持契約を締結しております。また入社初日は守秘義務教育を徹底しています。
  • ●全室への監視カメラ設置
    デバッグの作業フロアの全てに監視カメラを設置して作業者の監視と入退室管理を行い、個人所有の通信機器は全てロッカーへの保管を徹底しております。また入退室は専用ICカードを付与された者のみ許可しており、人的要因による情報漏洩の可能性を抑止しています。

社内連携によるワンストップサービス

KINSHAでは多角的な事業展開を生かし、各分野のスペシャリストと連携しております。 デバッグ事業部では主にローカライズグループと連携し、ネイティブによるゲーム翻訳やBTS翻訳はもちろん、スピーディなローカライズデバッグ対応が可能です。
また人材派遣事業と連携し、京都、東京どちらの拠点からもテスターの派遣が可能です。単なる人材紹介ではなく、当社が直接面接・雇用し、デバッグサービスにて経験を積んだ技術者を派遣いたしますので、デバッグ業務をご依頼いただくのと同品質の業務結果が得られます。また派遣先の開発現場で得た開示可能なノウハウは派遣終了後社内に共有し、サービスの向上に努めています。